FC2ブログ
See more details
Title List

入り口と本質

日本橋から人形町辺りを
ぶらぶら散歩するのが好き。
マスタです。
そんなマスタの今日の記事は、こちら。

すっかりSMという趣味もメジャーになりました。
昔はそれこそ、知る人こそ知る趣味で
Sと言ってもなかなか理解してくれなかったものですが
今は立派に通用します。
これはマスコミがこぞって取り上げた事が大きいです。
ゆえに、そこを入り口としてSMの世界に入ってくる方も多くなりました。

しかし同時に、マスコミの取り上げ方には少し疑問を感じることもあります。

鞭で叩いたり、蝋燭を垂らしたり
表面上、激しい部分のみをピックアップしているんですよね。
如何にも常識のない方が変態行為を楽しんでいる、といった形ですね。

しかし、本当にSMを楽しむ方はよくご存知ですが
こういう表面上のテクニックという部分は
内面的なものの為に存在するもので
それ自身が本質ではないとワタクシは考えています。
誰でもいい訳ではないんです。

苛めたい、苛められたいという内面の気持ちや、罪と罰、あるいは主従関係という絆があって
初めて行為として発現するものですからねえ。

初心者が増えるのは喜ばしい事ですが
見たものだけを鵜呑みにして
Mなんだから、ただ縛られて鞭打たれれば気持ちいいんだろ?とばかりに
形だけのSMで終わるような事がないようならいいな、と
ワタクシ思います。
スポンサーサイト
[PR]

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK