FC2ブログ
See more details
Title List

言葉責めにおけるワタクシなりのルール

早く家にいるときは、
夜8時に寝て、早朝3時に起きる生活。
マスタです。
もはや体内時計狂いっぱなしです。

そんなマスタの今回の記事は、こちら。

一応言葉責めを主体とする変態なもんで。
こだわりというものが、ワタクシにも存在します。
とはいえ、いってみれはそれは自分ルールみたいなモノなんですがね。
言葉責めをする際に、念頭に置いておくもののひとつに、

『言葉には温度がある』

があります。
もちろんこれはそれだけ情報量があるということですから、
言い方一つ、声のトーンでも同じ言葉でも意味合いが変わってくるということで。
直接逢って話す場合は、声のトーンに加えて表情などで真意が伝わりやすい。
電話での話となると、直接逢うよりも、表情が分からない分だけ情報量は減ります。
メールとなると、そこから声のトーンという情報量もカットされる。

それでなくとも、Mという性癖を有している者は、
ほっとくと悪い方悪い方へと考えがちですからね。
言葉の裏を考えて変な形で落ち込みがちです。
ですのでね。
言葉責めを行う際には、伝わる手段に応じて
伝える情報量をコントロールしています。
ですのでね。
メールなどの情報量が少ない場合は
わりと甘めです。
まずは安心を与えて、苛めるのはそのあと。
Mにとって、ワタクシの足元が居心地のいい場所でありたいですからねえ。
スポンサーサイト
[PR]

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK